体臭、体のニオイを改善

自分の体臭が気になる!?

あなたは、自分の体の”ニオイ”が気になりますか?
それは、どんな”ニオイ”でしょうか?
「体臭」という言葉に、どんなイメージを抱くでしょうか?

 

(体臭=口臭や便の臭いを除いた、体から発生する臭いの総称)

 

ところで、現代人は清潔志向と相まってニオイにも敏感になってきているような気がします。

 

 

「体臭=悪いニオイ」ということで、体臭や汗の臭いを防いだり、取り除いたりするデオドラント化粧品(防臭化粧品とも)および関連製品が次々と登場してきています。

 

「加齢臭」という言葉一つとってもそうですが、”ニオイ”そのものは以前からあったはずなのに、ここまで”騒がれる”ようになったのはなぜなんでしょう?

 

1つには、日本社会から「生活臭」が薄れていることが挙げられます。本来家周りには色々な、また独自のニオイも存在したはずですが、人々はそうしたニオイをできるだけ取り除くようにしてきています。

 

そのことで、かえって周りのニオイが気になるようになってきたのではと考えられます

 

 

 

 

臭いで病気がわかる

本来、体臭は誰にもあるものです。生きている証と言ってもいいでしょうし、百人百様、臭いの種類も、臭う強さも人それぞれです。

 

要は、体臭が「不快なニオイ」まで達するかどうかということが問題なのです。

 

体臭の3つの原因とはたらき

体臭の原因は、その発生源として大きく3つに分けられます。そこには本来の働きがあるのですが、それが「不快なニオイ」となるにも理由があります。

 

(1)皮脂腺

皮脂腺からでる皮脂は、肌を脂で被い、乾燥から肌を守ってくれる。

皮脂には「皮脂酸」が含まれているため、空気と触れると脂肪酸が酸化して、過酸化脂質に変化(嫌なにおいのもと)。脂質の分泌量が、体質や生活習慣などで過剰になってしまうと、過酸化脂質の臭いが身体から漂うようになる。

 

(2)エクリン腺(汗腺)

気温の上昇によって出る汗、緊張時の冷や汗、辛いものを食べたときなどの味覚からくる汗など、大方の汗はこのエクリン線からでています。体温と水分を調整しています。

 

エクリン線から出る汗は、ほとんどが水分で、無臭です。

ニオイがするのは、出た汗を放置することで汗の中で雑菌が繁殖してしまうからです。雑菌が増えるにしたがって臭いは強くなります。

出た汗をすぐにタオルなどでふき取れば問題ありません。

 

(3)アポクリン腺(汗腺)

脇の下、乳輪、外陰部など限られた部分の腺から分泌される汗で、脂肪、鉄分、尿素、アンモニアなどが含まれていますので、汗そのものが大なり小なり臭いがあります。

 

アポクリン腺の数には個人差があるのですが、「ワキガ」が強い方は、このアポクリン腺の数が人より多く、またワキ毛も発達しています。

 

アポクリンから出た多くの汗が、わき毛に溜まり、皮脂腺から分泌された脂肪酸と混じり合い、雑菌を繁殖させ、あの苦いような臭いのするワキガが発生するのです。

 

また、女性特有の悩みとして、デリケートゾーンの臭いがあります。人と比べることもできず、正常かどうか判断がつきづらいのですが、正常なおりものの臭いは一般に「甘酸っぱい」臭いといわれます。

 

デリケートゾーンの臭いがきつくなる原因も、主に雑菌です。
清潔に保ち、雑菌を繁殖させないようにすることが肝要です。

 

(突然、臭いがきつくなったり、おりものの量が増えたりしたときは病気の可能性があるので、病院で見てもらうようにしましょう)

 

 

汗には「良い汗」と「悪い汗」がある

上記の通り、汗は体の表面にある多くの汗腺から出ています。
体温が上昇すると、血液からミネラルと水分が汗腺に取り込まれます。この時、体にとって必要なミネラルなど、ニオイの元となる成分は血液に再吸収され、水分とわずかな塩分が汗として皮膚面に排出されます。これは「良い汗」になります。

 

この血液の再吸収機能がうまく働いているときの汗は、ほとんど水に近くサラッとしていて、ほぼ無臭です。また、蒸発もしやすく、気化熱による体温調節もスムーズに行われます。

 

ところが、現代社会ではエアコン完備の生活環境に長時間いたり、また運動不足が続くことで汗腺の機能が衰えてきています。
そうすると、汗腺でのミネラル再吸収機能がうまく働かなくなり、汗にはミネラルが残りベタベタします。

蒸発もしにくく、そのため体温調節もうまく働きません。これが「悪い汗」です。

冬の間は、特に汗をかく機会が少なくなりますので、悪い汗が発生しやすくなります。

 

ストレスによる不安や緊張時の「精神性発汗」の場合も、突発的に大量に汗をかくため、ミネラルの再吸収が追いつかず、悪い汗となります。

 

生活習慣の乱れ、 運動不足が体臭を強くする

気にならなかった体臭が、人に不快感を与えるまでになると、体の状態を疑う必要も出てきます。

体の機能が低下していたり、消化不良を起こしていたりといった病気の可能性もあります。

生活習慣の乱れや運動不足がもたらす不健康と体臭は深い関係にあります。つまり体臭は「健康のバロメーター」でもあるのです。

 

生活習慣チェックリスト

リストの1つでも該当すれば、体臭が強くなる可能性があります。気になったら、注意して改善に努めましょう。

 

野菜を好まず、肉や脂分の多い料理に偏り勝ち(皮脂が増加)

タバコをよく吸うほうだ(体内環境の悪化、喫煙者特有の体臭)

運動不足気味である(汗腺機能の衰え)

一日中靴を履いてる

毎日同じ靴を履いている

靴がきつめ(ストレス:精神性発汗)

シャツ等の衣服を素肌に直接着ている

足の爪が伸びている(爪垢)

めったに汗をかかない(汗腺機能の衰え)

かいた汗の処理をしない(雑菌が繁殖)

ストレスを感じている(精神性発汗、悪い汗)

便秘がちである(有害物質を溜め込んでしまう)

入浴後、すぐエアコンに当たる(汗腺機能の衰え)

 

「加齢臭」「メタボ臭」「疲労臭」といったものは、いずれも、生活習慣病と密接に関係しています。

 

 

加齢臭 生活習慣の見直しを

加齢と共に気になる「脂っぽいニオイ」です。

原因はノネナールという物質で、汗腺側の皮脂腺から出る不飽和脂肪酸の酸化(=劣化)や細菌による分解によって生成される。

 

加齢によって、不飽和脂肪酸の代謝スピードが落ち、蓄積が進む(代謝が悪い)ことできついニオイがするように…。

 

ノネナールは若い人からも放出されているもので、不快なニオイとなるのは量が多いからです。
若い頃は皮脂からの分泌が多くても、酸化防止機能がい高いのでニオイが抑えられていますが、齢をとってくると酸化を抑制する力が弱まってきます。

加齢臭というのは、年齢を重ねることで、老眼になったり、体の機能が低下したりすることと同じです。

予防には、活性酸素を抑えるため、生活習慣の見直しが必要です。

何歳から臭ったかが問題であり、早いころから気になる場合は、生活習慣病の予備軍の恐れもあるということです。

 

<スムージーで体のニオイを解消>☆加齢臭改善スムージーレシピ

ビタミンC、Eや皮脂の酸化を食い止めるポリフェノール、腸内の悪玉菌を減らす乳酸菌などが効果的。

【材料】
青じそ…5枚
抹茶…小さじ2/3
飲むヨーグルト…140㍉㍑
しょうが(すりおろし)…小さじ1
砂糖…小さじ1※ショウガは皮の黒い部分を取り、皮ごとすりおろします。

<エネルギー111㌔㌍ 食物繊維1.1㌘ 糖質20.3㌘>

 

☆ストレス解消スムージーレシピ

自律神経を安定させる効果があるビタミンB群やカルシウムを取りましょう

 

【材料】
オレンジ…1個
ミント…一つかみ
メープルシロップ…大さじ1
オレンジキュラソー…小さじ1
水…1/4カップ

<エネルギー125㌔㌍ 食物繊維1.2㌘ 糖質28.2㌘>

引用:「お悩み別 健康スムージー」大越郷子著

 

 

  • メタボ臭

汗のニオイが原因。キムチやクサヤ、食品が腐ったようなきついニオイが特徴。
メタボリック症候群の患者から臭うことが多い。

食事を噛む回数が少なかったり、唾液量も少なかったりすると、体内で消化不良が起こりやすくなり、腐敗臭となって現れてきます。

 

  • 疲労臭

体内で作られる有害物質であるアンモニアは、健康体であれば、肝臓の「オルニチン回路」によって尿素に分解され、体外に排出されます。

ところが、疲れが溜まってくると、このオルニチン回路の機能が低下し、皮膚からでるアンモニアの量が増加し、ニオイの原因となります

オルニチン回路:尿素回路。有毒なアンモニアを尿素に変えて無毒化する経路のこと。

 

ニオイには「イメージ臭」という側面も

人間はニオイをニオイの分子で判断しているわけではありません。一人ひとりの脳がその「快」・「不快」を判断しています。

脳(大脳皮質)には、人それぞれの生まれ育った環境や体験などの記憶やイメージがつまっていて、それらがニオイの快・不快に影響を与えているのです。

 

加齢臭も、実際にノネナールが多く発生していることはもちろんですが、人のある行動がイメージ臭としてプラスされることで、より不快な印象を強くしています。

たとえば、タンを吐いたり、つまようじを使うしぐさなどの、いわゆる”おやじ臭い”行動です。

ニオイの印象を良くするためには、実際の体のニオイへの対応だけでなく、「イメージ臭」のコントロールも必要です。

 

【対策】
①服装…清潔感を重視しましょう。
②行動…エチケット、マナー、モラルを割れないように。
③性格・雰囲気…オドオドしていたり、陰気だったりすると、その雰囲気が臭うとイメージに。
きつい体臭を防ぐには、生活習慣の改善や運動不足を心がけましょう。

 

 

口臭・脇臭・足臭 気になる3つの部位の原因と対策

 

口 臭

口臭は全世代が一生涯を通じて悩むこと

社会人(働いている人)の9割以上が”口臭”を気にしているといいます。
食習慣による影響(欧米型に移行)もあるのでしょうか。いずれにせよ「口臭=不快なもの」というイメージの定着により、口臭予防は「ビジネスマナー」の一環であるとの認識が広く浸透しています。

口臭のせいで、商談がうまくいかないこともありえるということで…。

 

【10代~70代の男女1万人に聞く、お口の臭い調査

  • 口臭は10代から70代まで全世代が悩む、一生涯のお口トラブル。20代では3人に1人〈34.4%〉が口臭を気にしている。
  • 日本人の80.6%が自分の口臭が気になった経験があり、男性(76.2%)より女性(85.3%)の方がより気にしている。
  • 男性に比べ女性のほうが口臭を気にする人が多い。そして、女性が最も気になるのは「配偶者」の口臭。

・「配偶者」に次いで気になる相手は、「会社の上司や同僚」(69.8%)、「男友だち」(67.6%)の順に。

  • 4割が他人から口臭を指摘され、4人に1人は態度で示されている

・具体的には、「距離をあけられる」(41.8%)、「顔をそむけられる」(31.3%)、「会話中にイヤな顔をされる」(29.0%)。

  • 口臭は口の中の病気が原因と7割が理解するも、実際に歯科医院に行くのは1割未満

・「口臭の原因の多くが、歯周病・むし歯・入れ歯の汚れなどの口の中の病気にあること」は7割近く(65.7%)が認知。

・しかし、「糖尿病、腎臓病、胃炎、腫瘍などがお口の臭いの原因となることもあること」の認知率は3割(31.0%)と低い。

・口の臭いが気になった時の対策、「歯を磨く」(66.0%)、「ガムやタブレットをかむ」(51.8%)、「うがいをする」(38.4%)。

・口の臭いが気になった時、「歯科医院を受診した方がよい」認知率17.0%。実際「歯科医院に行く」(9.4%)のは1割未満。

引用:公益社団法人 日本歯科医師会 「口臭」についての意識調査より

 

<口臭のセルフチェック>
①ニオイのついていない紙袋を用意。
②袋の口に自分の鼻と口をピッタリと当てて、口から息を吐き、鼻から吸う。
③②を何度か繰り返し、臭ってくるのがあなたの口臭です。

 

<対策>
・正しい歯磨きやうがいの励行

・就寝前の食事は控えて、胃を休ませる

・舌苔(ぜったい:舌に付いた白い苔状のもの)の適度な除去

・刺激物(餃子、焼肉、キムチ、ニンニク、ニラ、ネギなど)、タバコ、酒類を控える

 

☆口臭改善スムージーレシピニンニクや煙草、お酒などが原因の口臭には、爽やかなハーブが効果的。
また、便秘も口臭の原因になるので、食物繊維も摂取しましょう。【材料】
ミント…一つかみ
牛乳…160㍉㍑
ココア…小さじ1
砂糖…小さじ1

※牛乳は水はねを抑えるため、最後に加えます。

<エネルギー127㌔㌍ 食物繊維0.5㌘ 糖質11.2㌘>

引用:「お悩み別 健康スムージー」大越郷子著

 

〔 パピプペポ体操 〕

お口の唾液が少ないと口臭を強くする原因になります。そこで唾液の分泌を促進するお口の体操があります。それは、意識して「パピプペポ」と繰り返し発声します。

あるいは、上下の歯をカチカチと鳴らすように30~40回ほどかみ合わせたりする運動も、口腔内の乾燥を防ぐことができます。

 

舌苔について
舌苔そのものは、舌の表面や舌乳頭(舌の表面ある小さな突起)の間に付着した細菌や、口の中からはがれ落ちた粘膜細胞、食べかすなどのかたまりになります。鏡で見るとまさに白い苔(こけ)のうような感じです。たんぱく質を多く含みます。<舌苔の原因>
(1)唾液分泌量が少ないことでの口の渇き
(2)免疫力の低下(ストレス、生活習慣の乱れ等による)
(3)口呼吸
(4)不完全な歯磨き(食べ残し等が多い)
(5)喫煙
(6)加齢
(7)ストレス
(8)疾患によるもの…糖尿病、自律神経失調症、十二指腸潰瘍など
(9)薬の副作用<口臭への影響>
ちょっとぐらいでは影響はないですが、舌苔が厚くなると違和感とともに、味覚への影響、そして口臭をもたらします。

参照:gooヘルスケア 家庭の医学

 

舌のお手入れのポイント

舌の掃除は歯ブラシを使うのではなく、専用の舌ブラシや柔らかいスポンジを使います。

1日1回、起床時に行う(これ以上の頻度で行うと、粘膜を傷つけてしまうおそれがあります。なお、舌に傷ができているときには行わないでください!)

 

鏡を見ながら、舌を思い切り前に突き出す。
このとき、舌の後方に舌苔がついていないかを確認します。

ブラシやスポンジを舌の奥(見えるところ。絶対に、無理に奥に突っ込まない!)に軽く当て、手前に向けてそっとなでるように引きます。

※力を入れすぎないように注意してください。
※数秒間息を止めると、嘔吐反射が起きづらいです。
※ブラシやスポンジを水道水でよく洗い、1~2を何度か繰り返してください。

 

ブラシの先に汚れがつかなくなったら完了です。

 

参照:舌苔の正しいケア方法

 

脇 臭

口臭の次に多くの人が悩んでいるのが「脇臭」です。

ワキガは個性なので気にする必要はないとはいうものの、清潔志向の強さが、ワキガの不安感を形成し、必要以上に気にしている人が多いのが現状です。中には、”自分はワキガ体質なのでは?”と思い悩む人もいます。

 

日本人におけるワキガ体質の人は10~15%程です。
脇の下のニオイは、上述のようにアポクリン腺の活発な作用に拠るものですが、不快なニオイの原因は、やはり食生活の変化の影響が大きいようです。

 

もし、ワキガと診断されても簡単な手術で完治します。悩まず、専門医に相談しましょう。

 

<ワキガ体質のセルフチェック>
①耳垢(あか)が湿っている
②腋毛の量が多い
③衣服や下着の脇部分が黄ばむ
④大量の脇汗をかく
⑤食生活が肉食中心

多く当てはまるほどワキガ体質の可能性があります。

 

<対策>
・肉中心の食生活を見直す

・消臭効果が強いパセリなどを持続的に摂るようにする

・重曹石鹸で脇を洗ったり、浴槽に重曹を一握りほど入れて入浴するのも効果的

 

足 臭

足の裏は人の体の中で、とても汗をかきやすい場所のひとつです。
背中の5~10倍の汗腺が集中し、1日にコップ一杯分ぐらいの量の汗をかくといわれています。(個人差はありますが)

靴履いた状態、いわゆる密閉状態が長時間になると、細菌が増殖してきて嫌なニオイを発生させます。

足裏の蒸れを抑え、清潔にしていても、ニオイが気になる人は、精神性発汗が原因という場合もあります。(家では臭わないのに職場だと臭う…これは、仕事上のストレスが発汗を促しているのです)

 

<対策>
・制汗…足裏にスプレーやクリームを使用する

・蒸れ防止…素足で靴を履くのはやめましょう。蒸れたら靴を履き替えましょう

・消臭…消臭スプレーなどを使用する

・吸汗…・吸汗性のあるインナーソールを使用する

・靴の消臭・防臭…同じ靴を履き続けない。乾燥を怠らない

 

ページの先頭へ