静電気を避けるコツ

厄介な静電気…!?

空気が乾燥する季節。
玄関のドアノブに触ろうとしたら、「バチッ!」と指先に激痛が走る。
「静電気による感電」です。

 

身も心もショックを受けます。次に触れるのが恐る恐るになってしまいます。

 

 

 

指先は神経が多く、痛みを感じやすいため、手のひらなど、痛みに鈍感な部分から触るようにするだけで、痛みは和らぎます。また、ハンカチなどで触るのも効果的です。

 

 

静電気を感じやすい人は、肌などに潤いが不足している場合が多いです。

水分には多少の誘導性があるので、静電気はこの水分を伝わって流れ去ります。

肌や髪の毛に潤いのある人は帯電しにくく、潤いのない人は帯電しやすいというとになります。

 

 

対策としては、肌に保湿クリームを塗ったり、髪の毛に保湿剤をつけることである程度、改善できます。

 

静電気は一年を通じて発生しますが、夏などの季節は、空気中の湿度が高く、体から汗などが出るため、静電気は自然に漏電しています。

物体の表面や内部に含まれている水分や湿気が電気を通し、発生した静電気が逃げていくためです。

 

スポンサーリンク

 

実は、静電気は、科学や産業の発展に大きく貢献しています。

例えば、「JAXA」が打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ」が、7年間、60億㌔㍍という壮大な宇宙の旅で小惑星「イトカワ」の構成物質を採取したのも、静電気技術が使われているのです。

 

身近なところでは、タッチパネル式のスマートフォンなども、静電気技術の応用です。指先と導電膜との間の静電容量の変化を利用して実現しています。

 

 

静電気、どうして発生するの?

下敷と髪の毛をこすり合わせると、髪の毛が逆立つ。なんで?
静電気が発生するから。(なぜ、静電気が起きるの?→下記。下敷きと髪の毛)

 

では、静電気はなぜ発生するのでしょう?

 

どんな物質も、プラスとマイナスの電荷(電気の量)をたくさん持っています。

このプラスとマイナスの電荷量が同じなら、その物質は、帯電していない状態にあります。(言い方を変えると、プラスでもマイナスでもない状態ということです)
この時は、電気を帯びていないので、パチッとすることはありません。

 

しかし、このプラスとマイナスのバランスはある現象をきっかけに簡単に壊れます。
物質同士が擦り合わされたり、あるいは「衝突」すると、片方のマイナス電子がはがれ、もう片方の物質へと移動します。

このバランスが崩れた状態のことを「静電気」と言い、静電気を帯びていることを専門的に「帯電している」と言います。

このように静電気は、物体同士の接触や摩擦などによって電荷の移動が発生します。

 

※2つの物質の間で、どっちに移動するかは、物質によってマイナスの電気を引っ張る力が異なるので、マイナスの電気を引っ張る力が強い方へ、もう一方のマイナスの電気が移動することになります。

 

電荷の移動により、静電気には、プラスに帯電した「プラスの静電気」と、マイナスに帯電した「マイナスの静電気」が存在することになります。これは電気的にバランスが悪い状態です。

 

「パチッ!」の正体

 

冒頭のドアノブの例で考えます。
例えば、ドアノブがマイナスに帯電していたとします。反対に自分がプラスに帯電していたとします。(人間は「プラスに帯電」しやすい性質を持っている)

この状態で、ドアノブに触れると、マイナスの電気が自分の手に流れ込んできます。
いわゆる感電状態で、人は痛みを感じます。

静電気によって起きた放電現象です。

 

スポンサーリンク

 

帯電しにくい衣類は?

静電気と衣類は密接な関係があります。
私たちが着ている衣類の多くは、石油を原料としたナイロンやポリエステル、アクリルなどの合繊繊維でできています。

合成繊維は天然繊維に比べ、丈夫ですが、静電気が発生しやすいのが特徴です。
合成繊維がなかった時代の人は、静電気を感じるのは少なかったと思われます。

 

<帯電しにくい衣類>

 

木綿、絹、麻などの天然繊維ほか、レーヨンなど

 

※冬の期間は、肌着だけでも、木綿などを着用すると、静電気防止になります。

 

<知っておくと便利な帯電例>

 

物質には、プラスに帯電しやすいものとマイナスに帯電しやすいものがあります。(参考:帯電列表)

この帯電列表はあくまで参考ですが、衣類の組み合わせでも、ポリエステルとアクリル、綿とウールなどといった、帯電列表で近いもの同士だと、静電気が起きにくくなります。

つまり、静電気は帯電列が離れているほど大きく、近いほど小さいということになります。

子どものころ、塩化ビニールなどで作られた下敷きと髪の毛をこすり合わせると、髪の毛が逆立つのは、帯電列が離れているから、大きな静電気が派生するのです。

 

 

帯電列表

(+)

ガラス
石英
雲母
毛髪
ナイロン
ウール
レーヨン

アルミ
木綿

アクリル
金、銀
ポリエステル
ポリスチレン
ポリウレタン
ポリエチレン
ポリプロピレン
塩化ビニール
テフロン

(-)

 

 

手軽に防止するには

 

帯電した物質はホコリなどを吸い寄せてしまい、衣服が汚れるといった影響もあります。
手軽にできる静電気防止対策としては、界面活性剤を使ったスプレー方式の静電気除去剤があります。

中には、帯電防止作用を持つ製品もあります。

 

一時的な除電方法ですが、手軽にできる防止策です。

 

危険な引火事故

 

あなたはセルフサービスのガソリンスタンドをよく利用しますか?

日常生活でのちょっとした静電気の”イタズラ”は少しの感電程度ですが、静電気の引火など、重大な事故につながることもあります。

 

その例が、セルフのガソリンスタンドです。
給油を行うために、給油口のキャップを緩めた瞬間に、給油口から炎が上がるという事故に…。

 

これは、給油をしようとした人に帯電していた静電気が、給油口付近の車体金属部分に放電し、帰化したガソリンが給油口から漏れ、引火したためと考えられます。

給油前には、必ず備え付けの「静電気除去シート」に触れ、体にたまっている静電気を取り除いてから車の給油キャップを開けましょう。

スポンサーリンク

タグ:

カテゴリ:対策 

災害に備える │ 食料品の備蓄と非常持ち出し品

しっかり備え、迷わず逃げるための知識を!

日頃の実践。何を備蓄したらいい?

 

■自宅で過ごす場合

 

Q:あなたの家には、何日分の食料が備蓄されていますか?

 

●災害時にこそ食事で元気に

 

災害時の食事といえば、保存食の乾パンや避難所で配られるおにぎりなどを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
「災害だから、ぜいたくは言えない」と考える人もいると思います。

 

でも、災害が起こった時にこそ、元気が出る食事を取り、活力をみなぎらせることが大事ではないでしょうか。

そのためには、乾パンなどの保存食から食べ始めるのではなく、普段の食事の延長で生活できるよう心掛け、備蓄することが大事です。

 

 

●日常生活の延長での買い足しが大事

 

例えば、いま、お米は何キロありますか?

お米がなくなったら購入するのではなく、早め早めに補充すれば、それは立派な‌食料品の備蓄になります。

 

後は、災害が発生し、電気・ガス・水道などのインフラが遮断された時でも、いかに食べられるようにできるかがポイントです。

 

被災後も、普段通りの料理をするのに役立つのが「カセットコンロ」です。(温かい食事は健康面や精神面の支えになります)

 

発生直後は、簡単に食べられるものから消費し、2日目からは冷蔵庫にあるもので、傷みやすいもの、賞味期限が近いものなどを中心に食べていくようにします。

 

要は、普段食べているものが災害時の食料になりますので、日常的に消費しながら、買い足しをすることになります。

 

まずは、1週間分を目安として備蓄できるように準備しましょう。

 

 

●一手間加えた備蓄方法/日頃から備蓄した方がいいもの

 

冷蔵庫には、そのまま食べられる豆腐や納豆、チーズなどを常備。(停電時などにすぐに食べられるように)

肉類は調理しやすいようにカットして冷凍保存します。(手間を省くとともに、洗い物も少なくなります)

たとえばハンバーグなどを作るときは、多めに作って冷凍庫へ。(焼いたり、温めたりするだけで食べられる状態に)

 

葉物野菜は必ず洗ってから冷蔵庫に収納します。(災害で、断水したら洗うことができません)

余りそうな野菜は、傷む前に、ゆでて冷蔵庫に保存。(自然解凍すればそのまま食べることができます)

 

 

●主食は無洗米や乾麺に

 

おなかを満たすには主食は必要不可欠です。

ただし、災害時には、水が非常に貴重です。米をとぐことなく、そのまま炊くことができる無洗米がおすすめです。

 

お米のほかには、食べ飽きないように、餅や麺類なども備えておくとよいでしょう。

 

麺類は、1~3分程度で茹でられるパスタやそうめんなどを選びましょう。

子どもいる家庭では、ホットケーキなどもおすすめです。

 

 

●おかずとして便利なレトルト食品や缶詰

 

災害時に便利なのがレトルト食品です。カレーをはじめ多くの種類があります。
ポイントしては好きなものを選ぶことです。

家族が好きなレトルト食品を賞味期限を確認しながら消費、補充する流れを日頃から作っておきます。

 

被災生活が長引くと、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養が不足し、体調を崩しやすくなります。
野菜ジュースやフルーツの缶詰も備蓄しましょう。

 

缶詰もいろいろありますが、煮物なども重宝します。

 

 

●栄養補給のために

 

被災した時は、野菜や魚などがなかなか取れず、栄養バランスが偏りがちです。

インスタントスープやみそ汁は、ぜひ備蓄しておきたいものです。
具材のわかめや乾燥豆腐などには、不足しがちなミネラルや植物性タンパク質なども含まれています。

 

また、温かい飲み物があると、心が和みます。

 

ふりかけやのりなども、日ごろからストックしておくと便利です。

 

 

●調味料は1か月分のストックを

 

しょうゆ、みそ、麺類用のつゆといった、普段の暮らしでよく使う調味料も、1か月分のストックをしておくといいでしょう。

被災生活が長引くと、食事も同じものになりがちですので、調味料で味を変える工夫もできます。

 

調味料の場合、なくなりそうになっってから、新しいものを購入している人が多いと思いますが、災害時には品薄の状態になることもありえます。
半分になったら購入したり、1つ余分に備蓄しておいたりと、余裕をもって補充していきましょう。

 

 

●川の水を飲用水に変える

 

大地震などでは、断水被害は実に深刻な問題です。

人に限らず、水なし、あるいは水分補給なしでは、命の危険は早まります。
(人の体は食べ物がなくても、水さえあれば1ヶ月近く生きることができるが、水が1滴も飲めないと、2~3日で生命維持は困難となると言われます。)

 

人が1日に必要とする水分は年齢や体重によって異なります
一般的に、体重1キログラム当たり、成人で50ミリリットル必要とされます。乳児は150ミリリットル。

 

※単純計算すると、体重50kgの人は、1日2.5リットル必要ということになりますが、この量は飲料水だけを意味するものではありません。食事などで摂取される水分もあります。

 

水の備蓄は、最低でも10日間程度の備蓄が望ましいです。
家族が多ければ、それだけストックの量も増えることになり、自宅のスペースの問題もあるかも知れません。

 

そのようなときに便利なのが、災害用のハンディ浄水器です。これは、河川水など、そのままでは飲めない水も、飲用水に変えることができます。

 

 

 

■避難。救援物資が来るまでに

 

自宅を離れて、避難したときに、救助隊や救援物資が来るまでの間をしのぐために、最低限必要なものを準備しておくことも大事です。

飲料水、食料品ともに、最低3日分は用意しましょう。

 

●非常持ち出し品

 

非常持ち出し品は、すぐ持ち出せるように、また必要最小限を、リュックサックなど(両手が自由になる)に入れておきましょう。
あと、保管場所は、家族みんながわかる場所にしておきます。

 

【生活用品など】

□飲料水(目安:大人一人1日3㍑)

□非常食(缶詰、アルファ米、インスタント食品など)

□懐中電灯と予備の電池

□ヘルメット

□手袋(革製もしくは軍手)

□衣類、タオル

□雨具(レインコートなど)

□携帯用カイロ

□靴、厚手の靴下

□災害用トイレ

□チリ紙、ウエットティッシュ

□トイレットペーパー

□マスク

□マッチ、またはライター

□抗菌・除菌剤

□ローソク

□医薬品(常備薬を含む)

□粘着テープ

□アルミ製保温シート

□厚手のビニールシート

□紙食器

□台所用ラップ

□笛(救助を求めるときに使う)

□おもちゃ(子供がいる場合)

□紙おむつ(子供や必要とする成人)

□粉ミルク(調乳の場合)、授乳ケープ(母乳の場合)

 

 

【貴重品など】

 

□身分証明書(運転免許証など)のコピー

□健康保険証のコピー

□家族の写真(はぐれたときの確認用)

□携帯ラジオ

□携帯電話と非常用充電器

□十円玉(公衆電話用)

□筆記用具

□防災マップ(各自治体で作成したもの)

□その他 財布、預金通帳や印鑑など

タグ: 

カテゴリ:対策 

ページの先頭へ